楽天会員レベル カード審査

楽天会員ランクが楽天カードの審査に影響する?

楽天カード 会員ランクが審査に関係

楽天を利用している人であればご存知だと思いますが、楽天会員には『ランク』があります。

 

利用状況に応じて、シルバーからダイヤモンドまでランク分けされます。楽天で買い物をしてポイントを稼ぐことが、ランクアップの条件のようです。

 

最高ランクの『ダイヤモンド会員』になるには楽天カードを保有しなければいけませんので、楽天カードを持たない状態での最高ランクは『プラチナ会員』になります。

 

会員ランクに応じてさまざまなサービスを受けられる仕組みになっています。
会員ランクを維持するために楽天で買い物をし続けている人もいるのではないでしょうか。

 

この会員ランクが、楽天カードの審査に影響しているという噂がありますが、これは本当のことなんでしょうか?

 

プラチナ会員になれば、優遇されることがある!?

楽天カード プラチナ会員 審査

楽天カードを持たない状態での最高会員ランク『プラチナ会員』。
この状態まで楽天会員のランクを上げれば、一度審査落ちした人でも審査に通る可能性が少し上がるそうです。

 

プラチナ会員にまでなれているということは、きちんとお金を払って買い物を続けてきたということ。
「きちんとお金を払って買い物をする」なんて当然のことかもしれませんが、実績がなければそれが他人には伝わりません。

 

こうして目に見える形で実績を作って、人に伝える必要があります。

 

他の会社にはそれが伝わることはありませんが、楽天の中であればその情報が伝わります。

 

なので、一度楽天カードの審査に落ちてしまった人は、まずは楽天で買い物をすることから始めてみましょう。

 

日用品などでも送料無料、格安で手に入るショップが楽天の中にありますから、細かな日用品も楽天で買うようにしておきましょう。

 

プラチナ会員になるためには、半年の間に2000ポイント・そして15回ポイントを獲得しなければいけません。

 

これってすごくハードルの高いことのように思えますが、キャンペーン等を利用すれば2000ポイントを稼ぐことはそんなに難しいことではありません。

 

また、日用品も送料無料の商品を少しずつ買うようにしていけば、15回のポイント獲得も難しい話ではありません。

 

最近ではメール便無料の商品が500円程度で販売されていますので、こうした商品を細かく注文して回数をこなしましょう。

 

プラチナ会員になった暁には、再度楽天カードの審査にチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。